2005年12月15日

すぎぽん商事(?)

久々の更新です。

先週はMR認定試験の模試があったので、いささかくたびれました。

こんなに勉強したのは、大学受験の追い込み以来の話っす。


さて、月日が経つのは早いもので、いよいよ今年も大詰めですね。

WYO君の就職も決まり、めでたしめでたし。

突然ですが、今日は話題(?)のホリエモンこと、ライブドアの社長をレビュー。(←一回使ってみたかったのさ、この横文字w 意味あってる?)

『稼ぐが勝ち!』って著書があるんですよ。これがね、結構オイラ的には熱かったりする。

例えば「若い人間に金を持たせて、自由にやらせるべき!」

賛成です。杉村議員どこまでやれるかわからんけど、嫌いじゃないです。
2007年問題?団塊の世代の方々をバカにするわけではありませんが、(あの方達も日本の財産だと思います)きっと次は俺らの時代!それをプッシュしちゃってるホリエモン。いいねー。


かなり偏った(?)持論が暴走気味に書かれているので、『えー、意味わかんねー』っていう人ももちろんいると思います。オイラも反対と賛成が入り乱れてます。

例えば「会社を作るのなんて簡単!」って言い切ってしまう辺りは「方法としては昔より簡単になったと思うけど、ミンナが堀江さんと一緒の考え方じゃないでしょー。」ってね。
リスクを負うっていう事実だけで、一般の人は立ち止まってしまう。

オイラも簡単じゃないと思う。作って作れない事はない。
よほど無謀な商売さえしなければ、それなりに稼げるだろうし。
でも、経営者になった途端、失敗は全て自分に返って来る。
そのリスクが怖い。
何度も書いていますが、オイラは「稼げてこそ仕事」って思ってます。働く目的?「自分の大切な人(物)を守る為の金が欲しいから」
別にヒルズ族になんてならなくても、人並み以上に稼げりゃいいじゃん。って思っちゃう。

「やりがい」「社会貢献度」「知識的欲求」etc・・・そんなのは所詮二の次。オイラにとってそれは自己満足でしかない。

ちょっと話がずれました。

なんで急にこんな話してっかってーとね。

この前、大学の時、公私共に散々世話になった先輩と同期と野郎三人で飲んだんですよ。

したら同期が言うんですよ。

「すぎぽんは将来会社を作れ、社長になれ、才能がある」

無いから(笑

彼はオイラの恋愛の『師匠』で、心が折れそうな時、超冷静な第三者意見をくれるナイスガイ。頭もキレル奴。

オイラね、かなりの直情・暴走型(自覚症状あり)それをわきまえての意見だと彼は言う。

どうやら彼の組織形成論(←この言葉は今勝手に作ったw)ではこうらしい。
『トップはエネルギッシュな営業マンタイプが良い。マネジメント知識なんて要らない(言い過ぎ)バランス感覚で乗り切れる。No2が知識を駆使して冷静にトップに抑制作用をかければいい、俺は人を見る目だけは自信がある。必ずなれ!』

だとさ・・・

ぶっちゃけ、そう言ってもらえるのは嬉しい。お世辞でもね。

まぁ、会社発足時にそんなNo:1とかNo:2とか考える余裕があるとは思えないなぁ。
posted by すぎぽん at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス〜目指せ金太郎〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。