2005年11月06日

ココロオドル

タイトルは『nobodyknows+』のヒット曲より、(これメッチャ好きですわ)より。

さてさて、ご無沙汰してます。スギポンです。中途半端になってた「ハニー誕生日」今回で完結でーす♪

※名前入りの誕生日ケーキが出てきて、ウェイターがポラロイドカメラで写真を撮ってくれるとの事、ハニーの席の方に回りこんでパシャリ!と、緊張したなぁ。顔引き攣っていた気がします…

※自分でホテルにワガママ言って手配しました。

んで、さらにウェイターが一言、

「歌、歌いましょうか?」

あんた何でちょっとノリノリなのさ?

オイラみたいなリクエストしてくる男って以外に多いんですかね、はたまたプロの為せる技なのか、彼らに戸惑いは微塵も感じられません。

まぁー、そんなこんなで、ケーキも食べ終わり、酔いを覚ましてから、ハニーを家まで送り届けたんです。

車を降り、帰ろうとするハニー。まぁまぁちょっと待ったらんかい、と。

死ぬほど恥ずかしかったっすけど、『レオン』に出てくる『ちょい悪オヤジ』ならこの位さらっとやってのけるはず!
と妙な理由で決心し、いざ実行へ。

『サプライズはまだあるよ!』とオイラ

オイラが先に車を降り、車の後ろへ回りこむ。

トランクに隠してあった花束を取り出し、助手席のドアを開け、「お手をどうぞ」
て言うも、「両手塞がってるんでいいです…」

くぅ〜、つれないぜ二キータ!

まぁそんな動揺してるのを見られてもかっこ悪いので、ハニーが降車するのを待ってから、花束を手渡す。
「誕生日おめでとう」と言葉を添えて。

恥ずかしくて死ぬかと思った_| ̄|○

けどね、すっごい意外だったのが、他の何よりも花を贈った事に一番喜んでくれてたみたいなんですよ。

祝い事で貰ったのが初めてだったらしいっす。

花屋のねーちゃんにすっごいいじられましたが、勇気だして買って良かったっすわ。

「何、何?彼女へのプレゼント?若いっていいねぇ〜」とか…うるせぇっての(笑)

そんなこんなで、『ハニー誕生日』完結です。

90年代のバブリーなトレンディドラマを彷彿とさせる内容でしたが、全て真実です。

正直、今まで金をかけた事はあったけど、ここまで労力を費やしたのは初めて。

その後、暫くたってからのハニーの発言

「美味しかったけど、あーいうところは緊張するから苦手」

ぎゃ、逆効果っすか?_| ̄|○

来年はもっとハニーの身になって企画しよう…そう思いました。


最後に、応援してくれた人、ワガママ聞いてくれたホテルの社員。Thanks!!

※このブログが終わるわけじゃないっす(笑)
posted by すぎぽん at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛〜愛し愛され生きるのさ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。